心理学用語

単位バイアスとは、物事を判断する際に、その物事の単位に影響を受けて、偏った判断をしてしまうことです。例えば、100円のリンゴと10円のリンゴを比べると、100円のリンゴの方が美味しいように感じてしまうことがあります。これは、100円という単位が「高価」というイメージと結びついているためです。

単位バイアスは、日常生活の中で様々な場面で起こっています。例えば、食事量を決める際には、1人前の大きさが大きくなると、それだけ食べないといけないような気がしてしまい、食べ過ぎてしまうことがあります。また、買い物をする際には、値段が高い商品の方が質が良いように感じてしまうことがあります。

単位バイアスは、私たちの意思決定に大きな影響を与える可能性があります。そのため、単位バイアスを認識しておくことは、より良い意思決定を行うために重要です。

単位バイアスを避けるためには、以下の点に注意しましょう。

* 物事を判断する際には、その物事の単位に惑わされないようにしましょう。

* 物事を比較する際には、同じ単位で比較するようにしましょう。

* 物事を判断する際には、客観的な視点を忘れないようにしましょう。

単位バイアスは、私たちの意思決定に大きな影響を与える可能性があります。しかし、単位バイアスを認識しておくことで、より良い意思決定を行うことができます。

参考URL:

単位バイアス | 意思決定・信念に関する認知バイアス | 錯思コレクション100


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com