心理学用語

モデリング効果とは、他人の行動を観察して学習する効果です。心理学者のアルバート・バンデューラによって提唱された概念です。モデリング効果は、子どもの成長や学習、社会化に重要な役割を果たしています。

モデリング効果は、4つの過程で起こります。

1. 注意過程:モデルの行動を注意して観察します。

2. 保持過程:モデルの行動を記憶に保持します。

3. 再生過程:記憶に保持したモデルの行動を再現します。

4. 動機づけ過程:モデルの行動を模倣する動機づけを得ます。

モデリング効果は、子どもの成長や学習に重要な役割を果たしています。子どもは、大人や他の子どもの行動を観察することで、言語や社会規範、生活習慣などを学びます。また、モデリング効果によって、子どもは自己効力感や自信を高めることができます。

モデリング効果は、社会化にも重要な役割を果たしています。子どもは、大人や他の子どもの行動を観察することで、社会のルールや価値観を学びます。また、モデリング効果によって、子どもは社会的なスキルを身につけることができます。

モデリング効果は、子どもの成長や学習、社会化に重要な役割を果たしています。子どもが健全に成長するためには、適切なモデルを子どもに提供することが大切です。

モデリング効果を高めるためには、以下の点に注意してください。

* 子どもにとって身近なモデルを設定してください。

* 子どもが興味を持って観察できるモデルを設定してください。

* 子どもが模倣しやすいモデルを設定してください。

* 子どもが正しい行動を学べるように、モデルの行動を肯定的に評価してください。

モデリング効果を活用することで、子どもの成長や学習を促進することができます。

参考URL:

ビジネススキル向上が期待できる、観察学習(モデリング)とは?2つの注意点も | HR Trend Lab


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com