心理学用語

情動の錯誤帰属とは、自分の感情の原因を誤って認識してしまうことです。たとえば、仕事で失敗して落ち込んだとき、その原因を自分の能力の低さだと捉えるのではなく、上司のせいだと捉えてしまうことがあります。これは、自分の感情の原因を客観的に分析することが難しいためです。

情動の錯誤帰属は、人間の認知バイアスの一種です。認知バイアスとは、人間の思考が合理的ではなく、偏りがある現象です。情動の錯誤帰属は、他にも、以下のような例があります。

* テストで良い点数を取ったとき、自分の努力のせいではなく、問題が簡単だったせいだと捉える。

* 恋人に振られたとき、自分の容姿のせいではなく、相手の性格のせいだと捉える。

* 仕事で昇進したとき、自分の能力のせいではなく、上司の好意のせいだと捉える。

情動の錯誤帰属は、人間の思考を誤らせる原因となり、問題を解決しにくくします。たとえば、上記の例で、テストで良い点数を取ったときに自分の努力のせいではないと捉えてしまうと、次回も良い点数を取るために努力するモチベーションが低下します。また、恋人に振られたときに相手の性格のせいだと捉えてしまうと、次の恋に進むのに時間がかかります。

情動の錯誤帰属を防ぐためには、自分の感情の原因を客観的に分析することが大切です。自分の感情の原因を分析するには、以下のような方法があります。

* 自分の感情を言葉で表現してみる。

* 自分の感情の原因となった出来事を思い出してみる。

* 自分の感情の原因となった出来事について、他の人と話ししてみる。

情動の錯誤帰属を防ぐことで、人間関係を改善し、仕事や勉強のパフォーマンスを向上させることができます。

参考URL:

誤帰属 | 意思決定・信念に関する認知バイアス | 錯思コレクション100


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com