心理学用語

同調現象(どうちょうげんしょう)とは、社会心理学における用語で、集団の多数派の意見や行動に従ってしまうことを指します。人は、集団に所属することによって、安心感や帰属意識を得ることができます。そのため、集団の多数派の意見や行動に従うことで、集団から受け入れられたい、孤立したくないという心理が働き、同調現象が起こります。

同調現象は、日常生活の中では様々な場面で起こっています。例えば、友人や家族と食事に行く時、メニューを決めるときに、周りの意見に従ってしまうことがあります。また、仕事で会議に参加する時、自分の意見を主張せずに、多数派の意見に従ってしまうことがあります。

同調現象は、時には良い影響を与えることもあります。例えば、集団の秩序を保つために、同調現象が働くことがあります。また、集団の意思決定を迅速に行うために、同調現象が働くことがあります。

しかし、同調現象は、時には悪い影響を与えることもあります。例えば、集団の暴走に加担してしまうことがあるのです。また、集団の意見を批判することができなくなることがあります。

同調現象は、人間の自然な心理現象です。しかし、同調現象に流されてしまうと、自分の意見や信念を曲げてしまうことがあります。そのため、同調現象に流されないように、自分の意見を持ち、自分の考えをしっかり伝えることが大切です。

同調現象を防ぐためには、以下の点に注意しましょう。

* 自分の意見を持ち、自分の考えをしっかり伝える。

* 集団の意見に流されないように、批判的思考を働かせる。

* 集団の暴走に加担しないように、自分の判断力を働かせる。

同調現象は、人間の自然な心理現象ですが、それに流されないように、自分の意見を持ち、自分の考えをしっかり伝えることが大切です。

参考URL:

同調現象 - Wikipedia


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com