心理学用語

知識の呪い(ちしきののろい、英: Curse of knowledge)とは、他人とコミュニケーションを取っている個人が、自分の知っていることは、他の人も知っていると思い込んでしまい、そのことについてあまり知らない人の立場を理解することができなくなってしまう認知バイアスである。一部の著者によって専門知識の呪いとも呼ばれている。

知識の呪いの例を挙げると、次のような状況がある。

* ある人が、特定の技術や分野について専門的な知識を持っているとします。その人が、その技術や分野について話すとき、自分の持っている知識を前提に話をしてしまい、あまり知らない人には理解しづらい話になってしまうことがあります。

* ある人が、ある物事を経験したことがあるとします。その人が、その物事を経験した人に話すとき、自分の持っている経験を前提に話をしてしまい、経験していない人には理解しづらい話になってしまうことがあります。

知識の呪いは、私たちの日常生活の中で、さまざまな場面で起こり得る問題です。知識の呪いに陥ると、コミュニケーションがうまくいかず、誤解やトラブルを引き起こす可能性があります。

知識の呪いを避けるためには、次のようなことに注意することが大切です。

* 自分の持っている知識を、他の人の立場から考えてみましょう。

* 自分の持っている知識を、わかりやすく説明できるように練習しましょう。

* 自分の知らないことを、素直に聞きましょう。

知識の呪いは、私たちの思考や行動に大きな影響を与えます。知識の呪いに陥らないように意識し、コミュニケーションを円滑にするために努力しましょう。

以下に、知識の呪いを避けるための具体的な方法をいくつかご紹介します。

* 相手の知識レベルを把握する

* 相手の視点に立って考える

* 相手の知らないことを想定して説明する

* 相手の質問に丁寧に答える

* 相手の意見に耳を傾ける

知識の呪いは、誰にでも起こり得る問題です。しかし、知識の呪いを避けるための方法を学ぶことで、コミュニケーションを円滑にすることができます。

参考URL:

知識の呪い - Wikipedia


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com