心理学用語

終末効果(しゅうまつこうか)とは、一連の情報の最後にある情報に強く影響を受けるという心理的効果です。これは、人間の脳が最初に与えられた情報よりも、最後に与えられた情報の方が記憶に残りやすいという性質によるものです。

終末効果は、様々な場面で見られることができます。例えば、面接で最後に質問された質問が最も印象に残りやすいという研究結果があります。また、商品の価格を決めるときにも、最後に提示された価格が最も影響を与えると言われています。

終末効果は、マーケティングや広告においても効果的に活用することができます。例えば、商品の広告を出すときは、最後に商品のメリットを訴求すると、より効果的に売上を向上させることができます。また、アンケートの質問を出すときは、最後に重要な質問を出すようにすると、より正確な回答を得ることができます。

終末効果は、人間の心理的な特徴を理解することで、様々な場面で効果的に活用することができます。

以下に、終末効果を活用した事例をいくつかご紹介します。

* 面接で最後に質問された質問が最も印象に残りやすいという研究結果があります。そのため、面接官は、最後に最も重要な質問をするように心がけましょう。

* 商品の価格を決めるときにも、最後に提示された価格が最も影響を与えると言われています。そのため、商品を販売するときは、最後に最も安い価格を提示すると、より効果的に売上を向上させることができます。

* アンケートの質問を出すときは、最後に重要な質問を出すようにしましょう。これは、回答者がアンケートの最後に到達する頃には、すでに疲れており、重要な質問に答える気がなくなっているからです。

終末効果は、人間の心理的な特徴を理解することで、様々な場面で効果的に活用することができます。

参考URL:

初頭効果/終末効果・新近効果とは?面接時 マーケティング活用方法:ビジネス心理学 キャリアコンサルタントドットネット


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com