心理学用語

ミルグラム実験とは、1961年から1963年にかけて、アメリカの心理学者スタンレー・ミルグラムによって行われた実験です。この実験では、被験者に対して、権威者から電気ショックを与えるよう指示し、被験者がその指示に従うかどうかを調査しました。

実験は、被験者を教師役と生徒役に分け、教師役の被験者は、生徒役の被験者に電気ショックを与えるよう指示されました。電気ショックの強さは、15ボルトから450ボルトまでの30段階に設定されており、教師役の被験者は、生徒役の被験者が間違った答えを出すたびに、次の段階の電気ショックを与えるように指示されました。

実験の結果、教師役の被験者は、65%が450ボルトの電気ショックを与えました。これは、教師役の被験者は、権威者である実験者の指示に従い、生徒役の被験者に電気ショックを与えたということです。

ミルグラム実験の結果は、人間が権威者から指示された場合、たとえそれが倫理的に間違っているとしても、その指示に従う可能性が高いことを示しています。この結果は、ナチスのホロコーストや、日本の従軍慰安婦問題など、歴史上の多くの悲劇を説明する上で重要な役割を果たしています。

ミルグラム実験は、人間の服従の心理を明らかにした画期的な実験です。この実験の結果は、私たちが権威者から指示された場合、自分の良心に従うことが重要であることを示しています。

参考URL:

ミルグラムの電気ショック実験 | 日本心理学会


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com