心理学用語

テスト効果とは、学習した内容をテストすることで、その内容をより深く理解し、記憶に定着させる効果です。テスト効果は、学習の効率を高め、成績を向上させるために有効な方法です。

テスト効果は、1970年代に心理学者のJohn Dunloskyによって初めて報告されました。Dunloskyの実験では、被験者を2つのグループに分け、片方のグループには学習した内容をテストさせ、もう片方のグループには学習した内容を復習させました。その結果、テストを受けたグループの方が、復習したグループよりも学習内容をより深く理解し、記憶に定着させていました。

テスト効果は、いくつかの理由で生じることが考えられます。まず、テストを受けると、学習した内容を思い出すために脳が活性化されます。この活性化により、学習した内容がより深く理解され、記憶に定着します。また、テストを受けると、学習した内容を体系的に整理することになります。この整理により、学習した内容がより理解しやすくなり、記憶に定着しやすくなります。

テスト効果は、学習の効率を高め、成績を向上させるために有効な方法です。テスト効果を活用することで、より効果的に学習し、より良い成績を収めることができます。

テスト効果を活用するための方法はいくつかあります。以下に、いくつかの例を挙げます。

* 学習した内容を定期的にテストする。

* テストの内容を、学習した内容を理解するための問題にするようにする。

* テストを解く時間を制限する。

* テストを解く前に、学習した内容を復習する。

テスト効果を活用することで、学習の効率を高め、成績を向上させることができます。テスト効果を活用して、より効果的に学習しましょう。

参考URL:

テスト効果 - Wikipedia


Copyright(C) 2012 あの人を動かす心理学用語 All Rights Reserved.

www.000webhost.com